癌は放射線治療で死滅|病気の暴走を止めるにはこの治療で!

シニア

受ける前に知りたいこと

病室

癌細胞を死滅させる治療法に、放射線治療があります。この放射線治療は広い範囲にある癌細胞をじわじわと死滅へ追い込む方法で、期間はかかるものの癌を小さくできる有力な治療法です。また、放射線治療は外科治療で行なう切開がないため、体の負担を軽くできるのが特徴です。体力のないお年寄りにも適用される程で、優しい癌治療で知られています。さらに、手術で取り除けない箇所にできた癌も放射線治療をすることで細胞を死滅させることができるため、今後も活用される治療法で間違いありません。しかし、効果的な放射線治療とはいえ、副作用が心配されます。テレビドラマや医療系を扱う漫画等では、放射線治療による副作用をリアルに再現しており、不安を煽るような症状ばかりです。しかし、放射線の副作用は治療開始と終了した後に出てくることが多く、それも一時的なもので収まっています。そのため、期間がすぎるとほとんど見られなくなり予後も大変良いのです。

癌治療に使われる放射線治療はどんどん進化を遂げています。昔は、同じ角度からしか放射出来なかったものの、現在は、定位放射線治療で多方から照射ができるようになりました。あらゆる角度から攻撃ができるようになっただけではなく、正常な組織への被ばく量を少なくすることに成功しています。肺がんや乳がん、前立腺がんなど、様々な癌に対応できる点も放射線治療の魅力になりますから、病気も早めに完治ができるでしょう。

改善までの道のり

案内

骨肉腫は、5歳から24歳にかかりやすい病です。運動が好きな方に発症することが多く、若い人の病気で知られていますが、近年は年配者もかかりやすいと言われています。治療をすれば症状も緩和されるでしょう。

View Detail

50代に多い病の基礎知識

病院

潰瘍性大腸炎は、主に50代から60代に見られる病の1つになります。ただ近年は若い世代の方にも多く見られるようになったため、他人ごとのように扱うのは危険でしょう。

View Detail

辛い症状から逃げる方法

腰痛

行徳にある病院では、腰痛の改善が期待できる治療を豊富に扱っています。また、再発防止のためのアドバイスやケアもしてくれるため、腰痛に長年苦しめられることもないでしょう。

View Detail